メタボリックシンドロームと体重

体重を気にしている人は多いと思いますが、体重だけではなく病気のリスクがあるメタボリックシンドロームにも気を付けなければなりません。メタボリックシンドロームは生活習慣病にもつながるもので、予防をする必要があります。日頃から体重計などで体重を計測している人は多いようです。機会があれば体脂肪率の計測をしたり、標準体重を計算しておき、自分の体型について客観的に理解しましょう。メタボリックシンドロームの予防効果を得るためには、まずは現在の状況を知ることです。内臓脂肪型肥満症候群とは、メタボリックシンドロームの別の名称です。メタボリックシンドロームと見なされるのは、肥満が発端となった生活習慣病を抱え込んでいたり、内臓脂肪の量がとても多いような人です。自分がメタボリックシンドロームかどうかを知るためには、体重とおなか周りのサイズを参考にします。一般的に肥満は内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満と皮膚の下に脂肪がたまる皮下脂肪型肥満の人がいます。血液の中に存在している中性脂肪は、生活習慣病と密接に関わっています。現在、自分の体重が適正体重と比較してどのくらい違っていたかを知ることが、メタボリックシンドロームの足がかりとになります。体重だけでなく、体脂肪率を計測して記録に残しておいてくれる体重計が一般家庭にも増えており、ダイエットの方針決定にも便利です。メタボリックシンドロームにならずにダイエットを続けていけるように、まずはBMIや体脂肪率を把握するところから始めましょう。
ヴィトゥレ 渋谷